ニキビ撃退の方法と美肌

ニキビ跡の種類のクレーターを防止する

ニキビ跡の種類には、皮膚の表面がデコボコになってしまう、クレータータイプがあります。
このニキビ跡は1度出来てしまうと、なかなか改善が難しい為、まずは出来ないよう予防する事が大切です。

 

クレータータイプのニキビ跡は、ニキビをそのまま放置している事で、起こりやすいと言われています。
ニキビをそのままにしておくと、炎症を起こすケースは少なくありません。
炎症が皮膚の表面のみで、止まっていればクレーターにはならないようです。

 

しかし、炎症が肌の奥深くにまで広がってしまうと、それが原因でニキビ跡が出来てしまいます。
炎症は肌の奥にある「真皮層」という場所まで広がります。
すると真皮層にあるコラーゲンが、炎症によりダメージを負ってしまうのです。

 

ダメージを負った部分と、正常な肌の部分は新陳代謝に違いが出てくる為、皮膚表面がデコボコとなってしまいます。
このように、ニキビが炎症を起こす事で、クレータータイプのニキビ跡は出来るので、ニキビが出来てしまった場合、まず炎症を起こさないよう、ケアする事が大切です。

 

炎症を引き起こさない為には、紫外線のダメージから肌を守りましょう。
紫外線のダメージは思っているよりも大きく、ニキビが炎症を起こす原因となります。
ですので、日焼け止めでしっかり、肌をガードする事が大切です。

 

この他にも丁寧なスキンケアを行う、バランスの良い食事を心がける、睡眠をしっかりとるといった事も、ニキビのケアには有効です。
しかし、このようなケアを行っても改善が見られないという場合は、美容皮膚科などの医療機関で、ニキビを治療する事をお勧めします。