ニキビ撃退の方法と美肌

クレーターになったニキビ跡を漢方で治す

食べ物や日頃のストレス、乾燥などの肌へのダメージでもすぐにできてしまうニキビ。
肌はとても敏感なのです。
ニキビが気になって触ってしまったり、潰してしまったりして、治ったと思ったらニキビ跡が残ってしまうことがあります。
残ったニキビ跡を綺麗に治す方法はないのでしょうか。
ニキビ跡は、ニキビの炎症によって周りの皮膚やその組織がダメージを受けてしまい傷として残ってしまう現象です。
クレーターのようにデコボコにくぼんでしまう状態、ニキビはほぼ治っているのに赤みだけが残ってしまう状態、茶色や紫色など色素沈着を起こしシミになってしまう状態に分けられます。
特にクレーターのような状態になると、皮膚の奥にある真皮にまでニキビ傷が到達していることが多く、綺麗に治す、目立たなくするのは結構大変です。
レイザー治療や外用薬を使わず、身体に負担がかからないことから、最近では、漢方を使った治療に注目が集まっていますが、まだまだ知名度としては低いのです。
体質改善によく使われる漢方ですが、ニキビやニキビ跡にも効果的であるということが徐々に広まり始めています。
ニキビは炎症や化膿などの症状を何度も繰り返すので、漢方を使ってニキビのできやすい体質を改善することで、ニキビ跡やニキビの改善や予防につながるのではと考えられています。
ニキビに有効な漢方として、セイジョウボウフトウ、ケイシブクリョウガン、ケイシブクリョウガンカヨクイニンが挙げられています。
特にセイジョウボウフトウは、肌のターンオーバーを正常な状態にし、クレーターや赤いニキビの改善に効果があると言われています。
漢方薬は苦手、飲みにくいなど様々な声がありますが、今は薬局や通販などでも飲みやすい顆粒タイプや錠剤タイプなどが販売されています。
誰もが効果を期待したいと感じているでしょうが、種類によっては、体質に合わない場合もあります。
自分にあったものを選ぶ為に、薬局の方や専門の先生などに相談するのも良いでしょう。