ニキビ撃退の方法と美肌

ニキビ跡のクレーターに効く成分は?

ニキビは思春期に多くできてしまうものです。このため、大人になってからも思春期の頃にできてしまったニキビのニキビ跡が消えず悩んでいる人も多くいます。男性であれば、多少のニキビ跡は気にならないという人も多くいますが、女性の場合はニキビ跡は気になるものです。顔などの目立つ部分にできてしまうことが多いですし、メイクで隠すことができないものもたくさんあります。また、メイクで隠していても、素肌がよくなければすっぴんに自信が持てなくなってしまい、恋人ができてもメイクを落とすことをためらうようになってしまう可能性もあります。このため、ニキビ跡はすっきりに治してしまいたいものです。しかし、ニキビ跡はその他の肌トラブルと比べても改善が難しいものであり、なかなか自分の努力では完全に治すことが難しいところです。特にクレーターのようになってしまうと改善は困難となります。

 

一方、赤みになっている場合や色素沈着タイプのものは自分でも改善効果を出すことは不可能ではありません。赤みにはビタミンC誘導体などが効果的ですし、色素沈着タイプのものでは、美白化粧水などの美白化粧品が効果的とされています。こうしたものを使って継続的なケアをしていくことで、改善を望むことが出来ます。一方、クレーターとなってしまったニキビ跡は自分の力ではなかなか改善が難しいものがあります。このため、こうしたニキビ跡はクリニックなどで相談することをおすすめします。クリニックではこうしたクレーター型のものでも効果的な治療を受けることができます。例えば、比較的経度のクレーターであればケミカルピーリングが効くとされており、また、重度のクレーターについては医療レーザー治療が効くとされています。こうした治療に加えて、体の中からも改善をサポートしていくことが大切です。ニキビ跡を改善させるためにはターンオーバーがキーワードとなっています。ターンオーバーを正常化させることによって、新しい肌細胞が生まれてくるのを促進します。