ニキビ撃退の方法と美肌

クレーターのようなニキビ跡を治す方法と言えばレーザー治療

ニキビとは一度発症してしまうとなかなか完治するのが難しく、特に自己流で治そうとしたり、そのまま症状を放っておいてしまうと、ますます深刻な状態となり、最悪の場合には皮膚細胞が破壊されてしまってそこに大きなクレーター状のニキビ跡が残ってしまうことも少なくありません。

 

このようになると、ニキビが治まってもなおニキビ跡はそのままの状態で一向に治ることはありません。これは皮膚がダメージを受けたことで本来なら持ち得るはずのターンオーバー能力が完全に失われているからです。

 

こうした状態から再び肌を取り戻すためにも、クレーター状のニキビ跡に苛まれてしまった時にはクリニックで専門治療を受けることが望ましいでしょう。中でもレーザーを使った施術は数あるニキビ跡改善治療の中でも代表的なものです。

 

まず専用の医療機器から照射されるレーザーでクレーター状のまま皮膚に留まり続けているニキビ跡の真皮部分に薄く焦げ目を入れるような形で意図的な損傷を加えていきます。こうやってダメージを受けた真皮はいったんは見た目どおりに傷ついていくわけですが、これを専門的にはダウンタイムと呼びます。

 

このダウンタイムを経ると、今度は傷ついた皮膚部分にてコラーゲンの分泌が生まれ、それによってこれまで滞っていた皮膚のターンオーバー能力が再び回復していくことになるのです。しばらく時間が経過すると、損傷して焦げ目のついた古い肌の下から新しい肌が生え変わってくるのに気がつくことでしょう。

 

こうやってクレーター状に陥っていたニキビ跡が古い皮膚として剥がれ落ち、生まれたばかりの新しい皮膚へと世代交代していくことによって肌のターンオーバーは完成するのです。このレーザー治療を一ヶ月に一度くらいの割合で続けていけば、しつこかったニキビ跡も驚くほど綺麗に改善されて、新しく美しい肌を再び獲得することができるでしょう。

 

さらに、これに加えてビタミンなど肌によい成分を服用したり、あるいは日頃からこまめに保湿に努めることもお肌の回復を助け、とても効果的です。ニキビとは一度発症してしまうとなかなか完治するのが難しく、特に自己流で治そうとしたり、そのまま症状を放っておいてしまうと、ますます深刻な状態となり、最悪の場合には皮膚細胞が破壊されてしまってそこに大きなクレーター状のニキビ跡が残ってしまうことも少なくありません。