ニキビ撃退の方法と美肌

ニキビ跡にクレーターが出来ないための治療

思春期で出来やすいニキビは、無頓着に触ったりつぶしてしまうとニキビ跡としてクレーターになってしまうことがあります。こうなってしまうと、肌が汚くみえて周囲からの印象が悪くなったり、その人自身のコンプレックスとなってしまうこともあります。そのため、出来るだけニキビ跡にクレーターが出来ないための治療をする必要があるのです。ニキビ跡が陥没してクレーター状になってしまう原因は、角栓でふさがれてしまった毛穴にアクネ菌や皮脂といった汚れが詰まり、炎症が発生し、これが悪化することが理由とされています。この炎症が肌の真皮にまでいってしまうと、その傷を癒そうとして異常なコラーゲンを生産します。この異常なコラーゲンがニキビ跡に残り、クレーター・アクネスカーと呼ばれる陥没が出来てしまうのです。この治療方法には様々な種類のものがあります。例えば、化粧水を利用するのもひとつの手です。ニキビ跡に効果のある化粧水を付け続けることで、徐々に症状が緩和されていきます。ニキビが気になる人はどうしても触ってしまうことがありますが、これは好ましいことではありません。清潔な手やコットンなどに化粧水を含ませ、優しくケアすることが大切です。ほかにも、ニキビ治療のための薬もあります。抗生物質やレチノイド製剤など、これらは皮膚科に行って診察をしてもらい、処方してもらうことで手に入れることが出来ます。これ以外では、レーザー治療や光治療、ピーリング、注射、皮膚移植手術などがあります。症状が重い人などは、こういった方法で治すことも可能ですが、それぞれにメリットやデメリットがあるので、きちんとした情報収集やカウンセリングを受けることが重要です。ニキビ跡が出来ないようにするためには、根本的な生活習慣の改善なども効果があります。ニキビが出来にくい人は、食事や睡眠、適度な運動などに気を付けている人が多いです。毎日のケアと共に、日常生活も見直してみましょう。