ニキビ撃退の方法と美肌

ニキビ跡の治療:クレーター

ニキビが出来た後にそのままクレーターが残ってしまうことがあります。
これはニキビ跡がでこぼこの凹凸状態になってしまうものです。
それを治すための治療方法としては、
皮膚科などで専門の医師に診てもらうものがいくつかあります。
一つとしては、ケミカルピーリングといって酸を使って皮膚の表面を溶かし、
古い角質を取り除くと共に皮膚をきれいにして細菌の繁殖を防ぐものです。
この方法は軽いクレーターの状態に適している方法といえましょう。

 

次に最近注目されているのが、フラクショナル炭酸レーザーという方法です。
ニキビ跡に炭酸ガスのレーザーを使い、微細の穴をあけて傷をつけていきます。
これは皮膚組織を破壊することはないくらい、微細の穴なので心配はありま
せん。このキズを治そうとして、コラーゲン繊維芽細胞が活性化されるように
なり、コラーゲンなどが生成されるようになるのです。その効果で皮膚の新
陳代謝が活発になり、クレーターの凹みが目立たなくなる仕組みなのです。

 

同様にフォトフェイシャルは、IPLという鉱泉で、コラーゲン繊維芽細
胞を活性化し、コラーゲンなどの生成されるようになるという治療方
法です。生成されるコラーゲンやエラスチンというのは凹みのある皮膚
を盛り上げてクレーターを目立たなくするのです。
そして、FGF治療もクレーターにFGFといわれる繊維芽細胞増殖因
子を注射することで、繊維芽細胞を増やし、コラーゲンなどを生成さ
れるという仕組みになっているのです。

 

最後に培養表皮移植というニキビ跡のクレーターをなくす治療法が
あります。これは、他の部分から凹みの部分に自分の細胞を移植
するという方法になります。これは、時間の経過と共にかなりきれい
な状態になるので、治療方法の一つとして検討するのもいいでしょう。
このように、クレーターを治すにはいろいろな方法がありますが、
専門の医師に相談をしながら自分に合った治療方法を見つける
ようにするといいでしょう。